素敵に撮りたい!

ちょっとの工夫で いつもと違った写真を撮ろう


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルターって便利!


まだUPできていない項目もございます。

順次増やしていきます。

初めての方は タイトルの下にある『まずはじめに』から ご覧下さい





撮影をしていると、どうしても思った通りに撮れない時があります。

そんな時に 手軽に手助けしてくれるのが、フィルターレンズです。


理屈はいろいろ複雑にあるのですが、 とりあえず

便利なフィルターをご紹介いたします。


まずは 2枚の写真を見比べて下さい。 
 


フィルター01 

フィルター02 


雲と青い空のコントラストの違いがわかりますか?


上はフィルター効果を出していません。

下は フィルターを回転させ、光の波長の方向をコントロールさせました。



そしてもう一つ、

フィルター03 


フィルター04

上は ガラス部分に階段が映り込んでいます。

下は映り込みを完全に消してみました。

このフィルターは回転範囲を変えることで 映り込みの量もコントロールできます。

PLフィルター(偏光フィルター)といいます。


フィルター05 


フィルター06

夏の白い雲、青い海、水面の反射、ギラギラまでもコントロールできます。

私のおすすめのフィルターです。 ちょっと高額ですが(1福沢さんくらい)

買って損はないと思います。





もう一つは、 NDフィルターといって、

ただ単に、光量を落とすフィルターです。

グレーですが、色合いにはまったく影響しません。

どのような時に使うかといいますと、


絞りを開放値で 撮影したい つまり、背景をボカした写真を撮りたいけど、
 
開放では シャッタースピードがそれ以上早くできない。



川の流れや、波を 『ふわーっと見せる』 遅いシャッタースピードを

使いたい時などに用います。

屋外は明るいので、 それ以上遅いシャッタースピードが使いたいのに使えない。

そんな時に このフィルターの出番です。



先ほどのPLフィルターも少~し、 光量を落としてくれますが

NDフィルターは光量落とし専門なんです。




フィルター07


番号が多くなれば、それだけ強く光をカットしてくれます。

ND4 〈 ND8 〈 ND16 〈 ND400


フィルター08





フィルター09



これら 3枚のフィルターは 使えますよ!









スポンサーサイト

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

シルクのパパ ・ コットンのパパ

Author:シルクのパパ ・ コットンのパパ
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム
写真への質問等はこちらからど~ぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。